株式会社ショージ情報化施工・測機推進課のサイトです

i-Constructionとは?

  • HOME »
  • i-Constructionとは?

i-Construction(アイコンストラクション)とは

国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取り組み『i-Construction』を推進しており、

「ICT技術の全面的な活用(土工)」の実施方針が表明され、現在の紙図面を前提とした基準類を変更し、3次元データによる15の新基準が2016年4月より導入されています。あわせてICT土工の活用に必要な経費を計上するための新たな積算基準も導入されています。
予定価格が3億円以上の工事では「発注者指定型」にてICT活用施工を標準化。予定価格3億円未満で土量20,000㎥以上の工事では、「施工者希望型」(施工者からの提案)を基本的な考え方とし、
土工等の分野について抜本的な生産性向上を図ることで、全体として技能労働者一人あたりの生産性を、将来的に5割の向上を目指しています。


i-Construction(アイコンストラクション)の3つの柱 
i-con%e7%94%bb%e5%83%8f3

「i-Construction」(アイコンストラクション)の目指すもの
一人一人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善
・賃金水準の向上を図るなど魅力ある建設現場に
・死亡事故ゼロを目指し、安全性の飛躍的な向上

※「i-Construction」は国土技術政策総合研究所の登録商標です。

ICT技術の全面的な活用(土工)

i-con%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94-jpg

◆ICT活用工事【土工】とは?
①3次元起工測量
②3次元設計データ作成i-con
③ICT建機による施工              
④3次元出来形管理等の施工管理
⑤3次元データの納品
1.対象工種
河川土工・砂防土工・海岸土工(掘削工、盛土工、法面整形工)
道路土工(掘削工、路体盛土工、路床盛土工、法面整形工)
2.対象工事
土工(対象工種)を含む『一般土木工事』
3.発注方式
発注者指定型
発注者の指定によって『ICT活用工事』を実施する場合、必要な経費を当初設計で計上。
施工者希望型
受注者の希望によって『ICT活用工事』を実施する場合、必要な経費を設計変更にて計上。
◆総合評価段階で希望(提案)→施工者希望Ⅰ型
◆契約後に希望(協議)→施工者希望Ⅱ型

ドローン・3Dスキャナー測量について

お気軽にお問い合わせください TEL 092-582-0007 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.